北村氏コロナ感染のコメント発表を経て

北村氏におかれましては心身ともに完治をお祈りし今後のご活躍を心より願います。

残念ながら7月31日に開催された当イベントを感染源であると限定的に発言されておりますが、これまでもこの日以降も当イベントでのクラスターはおろか来場者スタッフなどに感染者は確認されておりません。

エアロゾル感染が主な感染経路という話もありますので、出演者より会場での滞在時間が長いお客様や関係者に感染者がいなかったということで当イベントでの感染では無いのではないかとバンド関係者やご本人へもお伝えしておりましたが、この様な発表を頂きまして残念に思っております。(バンドメンバーや関係者にも感染者はいませんでした)

当時、東京都や都市部と比べると感染者も大変少ない地域で緊急事態宣言や蔓防地域でもありませんでしたし屋外イベントで来場者数も50人強程度(キャパは150人)の小さなイベントで来場者の8〜9割は常連さんで皆さん知り合い同士という間柄ということもあり主催の私や関係者、来場者の意識も低かったのかと反省しております。

エアロゾル感染が主な感染経路となると買い物や仕事、電車移動など普通に生活していても、どこで感染してもおかしくない状況なのかと思っており、自分自身も家を出れば感染リスクはゼロではないと思い生活しております。
当時わかりやすくユルいイベントとなってしまった為疑われても仕方がないのかと思いますが今回の件、今後の状況をみて判断し対応していこうと思います。

皆さまも心身ともに健やかにお過ごしください。

Forest Jamはコロナによる分断や差別、同調圧力の無い、皆さんの個性と優しさと人を信じる力を原動力に今後もイベントを開催していきたいと思います。

Forest Jam